小顔矯正サロン/レミスティック東京>偏頭痛>片頭痛とレミスティック東京の偏頭痛矯正について

片頭痛とレミスティック東京の偏頭痛矯正について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
片頭痛とレミスティック東京の偏頭痛矯正について


片頭痛の症状とレミスティック東京の片頭痛矯正による偏頭痛対策

片頭痛とは

「片頭痛」は、常時ではなく、「間欠的に時々発生する頭痛」のことで、ズキズキ、ガンガンという表現の頭痛が時には脈動に合わせるように起こり、数時間から数日、月に1~2回程度から、多いときには週に1~2回の発生頻度があるといわれます。

痛みは平坦に長く続くというよりは放物線上に時間と共に悪化して1~2時間でピークに達して、頭痛がひどい場合は吐き気や嘔吐も伴うこともあります。
レミスティック東京に来店された片頭痛で悩まれるお客様の中には、頭痛がひどくてトイレから出ることができなかったり、常習的に鎮痛剤を服用していたりという、とても辛い経験をされている方もいらっしゃいました。

痛む部位としては、頭の片側に起こることが多いですが、両側のこともあるあります。
お客様の頭痛の様態としては、後頭部から首筋にかけて痛んだり、重苦しい感じがしたりと、後頭部から首に掛けて、或いは鎖骨や顔面などの広範囲に違和感が出る例も少なくないようです。

このため、家事や仕事にも支障がきたすだけでなく、片頭痛が起きても放置できない家事や仕事が更なるストレスを生むこととなって、精神的、肉体的な疲労に繋がってしまうこともあります。

片頭痛が起きた場合は、安静にすることが悪化させないためにも良いとはいえますが、日常では、そうは簡単に安静にしていることもままならない中で、たまらずに横になったものの、少しでも姿勢を変えたり、頭を動かしたりするだけでも頭痛がひどくなるという経験をしたこともあるのではないでしょうか?

痛み以外の症状


痛み以外の症状で随伴症状といわれるもので次のような症状も認められています。

・吐き気や嘔吐、胃部の不快感、むかつきなど

・太陽光、蛍光灯の光、テレビやスマホの画面が異様に眩(まぶ)しい

・周囲の音、テレビや音楽の音がうるさく感じる

・特定の匂いに敏感になったり不快に感じたりする


また、片頭痛の前兆として、目の前にチカチカとしたフラッシュのような光やギザギザした光を感じるケースや、閃輝暗点(せんきあんてん)といって、視野の一部が見えにくくなる症状(現象)が出るケースもあります。

この様な片頭痛に対して、レミスティック東京での改善例(お客様からの報告)をここに紹介したいと思いますが、これはあくまでも、レミスティック東京にご来店のお客様からの報告に基づいたもので、医学的な調査または裏づけがされたものでは有りませんので先に申し上げておきます。


レミスティック東京が考える片頭痛が起こる原因

片頭痛を訴えるお客様に対して、院長の私が着目したのは、レントゲンにも映らないであろう頚椎(首の骨)の歪みと、その周辺の歪みについてです。

偏頭痛で悩んでいるというご相談のお客様に対して頚椎やその周辺の歪みをチェックしてみると、ほぼ全員に頚椎やその周辺の歪みが認められるため、頚椎とその周辺に対しての矯正を行ってみた結果、「まったく片頭痛がなくなった」「大幅に軽減した」「定期的に発生するが程度がとても軽くなった」「鎮痛剤に頼ることが無くなった」などの報告が相次いでいます。

片頭痛が改善、または解消するに至った理由としては、歪みによって圧迫されていた、周辺の血管や神経の圧迫が解消されたか、軽減されたことに因るものと推測されます。

病院で精密検査を受けた結果、異常が見られずに「ストレスによる片頭痛であろう」と診断されたお客様の首に触れたところ、頚椎のズレと思われる指先の違和感がありました。

この違和感に対して矯正を行った結果、このお客様のケースでは片頭痛が消滅したと報告がありました。

レントゲンなどの検査でも発見できないような微細な歪みでも片頭痛の原因となるのかもしれませんし、そのような微細な歪みも、私の指先の神経を通してであれば、違和感として異常を感じられるのかもしれません。

偏頭痛矯正に要する時間

レミスティック東京の片頭痛の対策として行っている片頭痛矯正に要する時間ですが、単純に矯正だけでしたら10分~20分もあれば、強い力を加えた強引な矯正や、ボキボキするような痛みを伴う矯正を行わずに、首やその周辺に対する矯正は可能です。

ただ、背中、腰、脚の捻じれ、緊張などを全体的にほぐすのに個人差がありますが30分~120分を必要としますから、片頭痛矯正として偏頭痛の対策に要する施術時間は30分~120分と考えていただくと良いでしょう。

また、身体の歪み、緊張、疲労は生活習慣や環境にも大きく影響されますので、人によってはある程度の時間経過や疲労によって首の曲がりや首周辺のコリ、痛みが再発するケースも少なくありません。

それでもそれが片頭痛の再発に直結するかというと、そうとも言い切れないのですが、片頭痛矯正の場合は、こういう再発も考慮して月に一度、半年間はケアを行う方がお客様の安心にもつながると思って、ケアも施術にセットにさせて頂いております。

ところで、レミスティック東京で、なぜこの様に片頭痛に対して効果的な声がお客様から寄せられるのでしょうか?
これは先に申し上げているように医学的なデータが取れていないため、あくまでも民間療法、整体施術の延長線上の結果によるもので、偏頭痛矯正と名づけていますが、必ず片頭痛に効果があると実証されているものではありませんし、当店では、頭痛に対して専門医の検査などを受けた上で、身体的な異常が認められない場合にのみ整体施術の一環として偏頭痛矯正を行わせていただいております。

素人判断で「片頭痛」と決め付けてしまうのは危険ですし、偏頭痛対策として先ずすべきことは、医師の診察、検査、投薬、治療などを優先することです。
やみくもに市販薬に頼ってしまうとか、薬の効果がないからと薬の量を勝手に増量してしまうのは、頭痛を増幅させるなど思わぬトラブルに繋がりかねないので、避けなければなりません。
同様に、首や肩のコリがあるからと揉みほぐそうとしたことで悪化することもありますので、いきなりマッサージや整体を受けることや、温浴などは避けた方が良いでしょう。

本来の片頭痛の急性期で頭痛発作が起きている時は安静にして横になり、首周りを冷やすなど血流を鎮めることです。

下記記事に偏頭痛の原因とそれに対する対策を細かく解説しておりますので、ご参考にして下さい。

辛い偏頭痛の主な5つの原因とその対策方法


偏頭痛矯正と審美小顔矯正の関係性

さて、片頭痛対策としてレミスティック東京での矯正に話を戻しますと、片頭痛に対して行うレミスティック東京の施術は、首とその周辺に行うのですが、実はレミスティック東京の審美小顔矯正にとても深い関連があります。

レミスティック東京の小顔矯正方法は、独自の考案技術ですから、私が小顔矯正を始めてからずっと、その手法は変えておりませんので、片頭痛矯正は、レミスティックの小顔矯正が考案された当初から、始まっていたとも言えます。

頚椎矯正(首の矯正)もいろいろと工夫する中で、小顔矯正の手法とミックスされるようになって現在に至っています。首と頭蓋骨は密接な位置関係にありますから、小顔矯正とは矯正施術も非常に近いのです。

私は、施術に着手するに当たり、首の歪み、周辺のコリ、頭蓋骨と頚椎の関係を慎重にチェックします。
首や首周辺の緊張が肋骨や腰、下半身にある場合も、経験上、何度も見て知っています。
この場合は、手間ひまがかかっても、首やその周辺の矯正は後回しにして、肋骨や腰など、遠い部位から施術を行っていきます。
首や周辺の緊張が遠い部分にあるのにもかかわらず、それを見過ごしたり、施術を面倒がったり、省いたりしては良い結果がでるはずもありません。

以前に、施術の長い経験者に頚椎の歪みのチェック方法を教えてことがありましたが、経験が長いからと言って首の歪みがすぐに触って分かるというものでもなく、施術者の集中力や指先の繊細さ、経験によるところが大きいのだと感じました。

そういう意味も含めて、片頭痛矯正は審美小顔矯正同様にレミスティック東京の専売特許的な施術なのかもしれません。

首や周辺の緊張が解けたら、首の骨を正しい位置にゆっくりと矯正して、指先の違和感が無い状態にまでしっかりと矯正をするのですが、首の歪みが5年、10年と長い時間を経ているような場合は、なかなか正しい位置に戻りませんし、矯正が不可能な場合もあります。
そして痩せ型で筋肉量が少ない方や、逆に首周りや肩周辺の筋肉量が平均よりも多い体格の方は、首の歪みが繰り返し起こる傾向にあると思われます。

小顔矯正をご希望の方で偏頭痛矯正もご希望の方は、頚椎の矯正と整体施術、全身矯正の料金をプラスするだけで片頭痛矯正を受けて頂けます。

かといって、このように首の矯正が難しい場合、不可能な場合、首の歪みが起こりやすい人の場合は、片頭痛矯正がまったく役に立たないかと言うと、そうではなく、それでも改善、解消したという実例もあります。
逆に首に歪みが認められる場合でも片頭痛が起きない、片頭痛を経験したことがないという方もいらっしゃいます。

いずれにしましても、レミスティックの審美小顔矯正の施術とレミスティック東京の片頭痛矯正の施術は、その施術内容において重なる部分が多いので、レミスティック東京の審美小顔矯正を受けられるお客様で、片頭痛でお困りのお客様には、首の矯正、整体料金をプラスした料金だけで片頭痛矯正を受けて頂けますので、お気軽にご相談下さい。

レミスティック 院長

レミスティック 院長

Written by:

こんにちは。

レミスティック東京院長の安井です。

エラ張り、面長、お顔の歪みなどなど、お顔の悩みを年間500件以上解決しています。

お気軽にご連絡下さいね!

tel : 0120-457-689

 

ご予約は下記URLからもできます。

https://coubic.com/remystique-tokyo/236697/express

 

レミスティック東京には、一般の方も数多く通われていますが、芸能人の方も多数通って下さっています!

↓↓↓下のブログをチェックしてみて下さい↓↓↓

 

木下優樹菜さんこと、ユッキーナさんもご来店

吉木りささんもご来店

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

レミスティック 院長は、こんな記事も書いています。

  • 小顔矯正の効果 小顔矯正の性別、年齢制限 コルギとの違い

    小顔矯正の効果 小顔矯正の性別、年齢制限 コルギとの違い

  • 「痛い小顔矯正」「痛くない小顔矯正」「小顔矯正の効果」小顔矯正の老舗 小顔矯正は信頼のレミスティック東京で

    「痛い小顔矯正」「痛くない小顔矯正」「小顔矯正の効果」小顔矯正の老舗 小顔矯正は信頼のレミスティック東京で

  • 「小顔矯正について考える」「小顔矯正の定義とは?」「本当の小顔矯正とは?」小顔矯正は全国からご来店の信頼店レミスティック東京

    「小顔矯正について考える」「小顔矯正の定義とは?」「本当の小顔矯正とは?」小顔矯正は全国からご来店の信頼店レミスティック東京

  • 木下優樹菜さんがヘアメイクのKOBAさんとご来店

    木下優樹菜さんがヘアメイクのKOBAさんとご来店

  • 美人声優の伊瀬茉莉也さんがご来店

    美人声優の伊瀬茉莉也さんがご来店

  • 小顔矯正を受ける前に知っておきたい5つのことと良くある質問

    小顔矯正を受ける前に知っておきたい5つのことと良くある質問


美容院専用ホームページサービス