大門/レミスティック東京>小顔矯正>お客様の相談事例

お客様の相談事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
お客様の相談事例

お客様の相談に多い『頬骨を低くしたい』『頬骨の形を整えたい』という
「頬骨に関するご相談」についてのお話です。

繰り返し、毎回のようにブログの中で警鐘を鳴らす目的でメッセージを流しますが、
【カウンセリングが出来ない施術者は、施術が出来ないのと同じ】
だと、院長である僕は考えています。

お客様が「頬骨」に対して相談をした時に、どの角度からどのぐらい解説が出来て、
お客様の悩みの原因を見つけられるか、見つける方法を説明できて、
原因が見つかった場合の対処=施術方法について明確な説明が出来る。
それが出来なければ、矯正施術の方向性も計画性も無いということだと思います。

レミスティック東京ではカウンセリングに1時間程度を費やしています。
例えば「頬骨の場合」
左右の頬骨の「湾曲状態」「高さの違い」「向きの状態」などなどを詳しく観察します。
寝ている状態での写真撮影も必要になる場合もあります。
左の頬骨の状態はどこが原因なのか。右の頬骨の状態はどこが原因なのか。
細かく観察しながら、お客様が喜ぶ施術を完成させるためには何が必要なのか・・・
それを徹底的に調査しなければ、施術契約を結ぶこと自体が私のリスクになってしまいます。

矯正施術を行って、変化が無くても、或いはエステ的な一時的な小顔矯正の施術の場合は、
矯正後に元に戻るという大前提があるので、そこまで厳密なことは求められないかもしれません。

一言でも、骨格矯正を行うという以上は、施術者の判断、見通しなどをお客様に示すべきだと思います。

頬骨の矯正の場合は、頬骨だけでなく、上顎骨、側頭骨、前頭骨など複数の骨がからみます。
レミスティック東京の「審美(しんび)小顔矯正」であれば、
頭蓋骨の軟部組織矯正と命名された手法を持って、痛くも無く、その場で変化を確認可能で
更に矯正前の状態に戻ってしまったというクレームのごくごく少ない矯正が可能です。

万が一、矯正前の状態に戻ってしまった場合には無料でケアをさせて頂きます。

「頬骨」ひとつとっても左右で高さ、形、位置などいろいろと異なります。
押せば下がるというような単純な矯正では頬骨は矯正できないのでご注意下さい。

—————————————
ブログby 小顔矯正の老舗レミスティック東京 院長

このようなお悩みの方は是非ご相談下さい。
お客様、ひとりひとりのゆがみの状態に応じたカウンセリングと施術
レミスティック東京

【小顔矯正、顔のゆがみ矯正の《審美小顔矯正》】
小顔にしたい、左右の眼の大きさが違う、左右の目や眉の高さが違う
左右の顔幅が違う、左右どちらかの顔の印象が好きになれない
鼻筋が曲がっている、口や顎が曲がっている、
顔が縦に大きい、顔が横に大きい などなど
《審美歯科矯正を検討される方にも》
アドバイスをさせて頂きます。
【整体】
肩こりがひどい、腰痛、骨盤が広い、骨盤がゆがんでいる
背中が張ってつらい、脚がむくむ、疲労が抜けない などなど

※各種の矯正からエステまでお任せ下さい

レミスティック 院長

レミスティック 院長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

レミスティック 院長は、こんな記事も書いています。

  • 顔の歪みを矯正する レミスティック東京の矯正はココが違う

    顔の歪みを矯正する レミスティック東京の矯正はココが違う

  • 顎を矯正するとは

    顎を矯正するとは

  • 芸能人ご来店履歴 木下優樹菜さん

    芸能人ご来店履歴 木下優樹菜さん

  • 小顔矯正 メニューの詳しい説明と選び方

    小顔矯正 メニューの詳しい説明と選び方

  • 片頭痛とレミスティック東京の偏頭痛矯正について

    片頭痛とレミスティック東京の偏頭痛矯正について

  • 元女子プロレスラー大向美智子様が半年ぶりのご来店!

    元女子プロレスラー大向美智子様が半年ぶりのご来店!


美容院専用ホームページサービス