大門/レミスティック東京>小顔矯正>痛くなく小顔にする方法 小顔矯正の真実

痛くなく小顔にする方法 小顔矯正の真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
痛くなく小顔にする方法 小顔矯正の真実

「小顔矯正って何?」

小顔矯正、小顔矯正とネット上で話題になりだしたのは、ここ7年から8年ぐらいのことです(2018年現在)

それまでは情報は雑誌が主流で、スマホなどの端末が普及するまでは、インターネットの接続は主に職場か自宅での接続でしたから、ネット情報は今ほど一般的ではありませんでした。

ネット環境が身近になると共にマスコミでの話題が瞬時にネットで拡散されるようになったため、「小顔矯正」というキーワードも一気に拡がりましたが、矯正と言う言葉が骨格的な矯正だけでなく、エステ的なマッサージの分野でも使われるようになったために、「小顔矯正」という施術がどのような施術を指すのかが曖昧になってしまった感じがします。

現在では「小顔矯正」という言葉自体が一人歩きしてしまっていて、小顔矯正の定義も無い状態で、「小顔にするために行う施術」という広い意味で「小顔矯正」という名称が自由に使われているのではないでしょうか?

骨格矯正などを専門としている私は、お客様に出来るだけ正しい、有益な情報を提供したいと思っておりますが、私だけが「小顔矯正とは、〇〇する施術が正しい小顔矯正です」というわけにもいきませんから、レミスティックの小顔矯正について情報を発信しながら、知識を得ていただいて、施術を選んでいただくのが良いのかもしれません。

レミスティック東京へご来店のお客様も、「小顔にしたいのですが」と相談されます。
「顔をちっちゃくしたい!」
そのお気持ちが分かるのですが、頭蓋骨の大きさを小さくするわけにはいきません。そこでレミスティック東京では「小顔矯正=小顔に見せる施術」としてお客様にご提案して、施術もさせて頂いています。

横に広い顔を幅が狭くなったように見せる、エラが張った顔をエラが張っていないように小さく見せる、面長を面長でないように見せる、頬骨が高く、頬が張った顔には、頬骨を低くして頬をスッキリ見せる、鼻筋が通っていないような顔、鼻が低いような顔を、鼻筋を通して鼻が高くなったように見せる・・・それには、その目的に合った矯正をする必要があります。それがレミスティック東京のオーダーメード小顔矯正(審美小顔矯正)です。


小顔矯正のお店を選ぶヒント


お客様は、ネットでもいろいろな情報が飛び交いますし、小顔矯正の施術をメニューにしているお店も多いので、選択には困ることでしょう。

レミスティック東京にご来店のお客様も、既に数店のお店で施術を受けて来られていて、納得が行かずにレミスティック東京を選ばれる人が多くなっています。

小顔矯正のお店選びは、ズバリ!
目的の施術を行ってくれるお店を選ぶこと!です。
え?そんなの当たり前でしょ??

ところが、この当たり前なことが難しいのです。

小顔矯正のお店選びが難しい理由は、小顔矯正のお店が多いからというだけではありません。
一番の理由は、意外や意外!お客様ご自身にあります。
「小顔矯正で小顔になりたい」というのは漠然としすぎています。
「私の顔のこの部分をこう矯正したら小顔になれるから、この部分をこう矯正したい」
・・・と、そこまで明確に分かっていたら、その希望が叶うお店を探すだけですが、どうしたら良いのか分からない状態では、お店の人の言いなりになるしかありません。

ですから、お店の人が、お客様の顔から判断して、最善の施術アドバイスをしてくれるお店が一番良いのです。

しかし現実には、お店の人も知識や経験が豊富な人ばかりではありません。

お客様のお顔に対してどのような施術をしたら小顔になるのか、その目的に最適な小顔矯正施術を目的別にカスタマイズして施術してくれるお店を見極めるには、カウンセリングで時間を掛けて説明してくれるかどうかでわかります。

小顔にするためには、お客様が自分の顔が大きいと思う理由を明確にする必要があります。
骨格全体的に顔や頭が大きいと思うのか、一部分を見て小顔ではないと思うのか。

小顔矯正でのカウンセリングは、お客様の思いをくみとりながら、小顔矯正施術を成功させてお客様の満足度を高めるのには欠かすことの出来ない重要な作業です。

小顔矯正施術結果の成否はカウンセリングにあるといっても過言ではなく、小顔矯正施術のひとつだと考えるべきで、カウンセリングにおいて、お客様の悩みの解決方法を明確に提示できないお店では、小顔矯正を受けるべきではないでしょう。


小顔矯正のカウンセリングにおいて
・顔や頭が大きいと思う理由を明確にする
・どの部分がどうなったら小顔になったと感じるかを明確にする
・どのような小顔矯正を行ったら良いのかを明確にする
最低でもこの3点はお客様が施術者に確認するべきで事項です。

この質問にお店側が明確に答えられて、お客様が納得できるかどうかが先ずは大切なことになります。

「カウンセリング」の次に、大切なのは「体験施術」です。
お店側がお客様の質問に明確に答えられたとしたら、次は、その答えどおりの施術が出来るのかどうか、お店が小顔矯正に対しての明確な理論を持っていて、その理論どおりの施術が出来るかどうかで、お店選びは決まります。
小顔矯正を考えているお客様は、体験施術が受けられる場所を探すべきです。

小顔矯正を事前に体験してみなければ、小顔矯正の力の程度も、矯正効果の程度もわかりませんよね?
「小顔矯正は、そんなに簡単に効果はでないですよ」
「小顔矯正は、何度か矯正を続けて受けなければ定着しませんよ」
「小顔矯正は、すぐには変化が感じられないのが普通です」
そんな営業トークに引っかかってはいけません。

お客様が本気で小顔矯正のお店を探していたとしたならば、本気で体験施術で何かの手応えを感じ取ろうとしていたとしたのならば、そのお店のカウンセリングと矯正が間違っていなければ、たった数秒の小顔矯正でも、たった数十秒の小顔矯正でも、正しい小顔矯正であれば、お客様が納得できる結果が出るものです。


・小顔矯正は痛いものなの?


「小顔矯正」を望むお客様のご要望は、もちろん小顔になることですが、小顔矯正施術にとって大切なのは、「痛くない」施術であること、「元に戻らない」施術であること、という要望が一番だと思います。

「痛い小顔矯正」に本当の効果があるのでしたら、多少の痛みもガマンしようかと思ったとしても、涙が出るほど痛い矯正や、翌日に腫れ上がってしまう矯正は、正しい小顔矯正どころか危険性をはらんでいる小顔矯正だと警鐘を鳴らしたいと思います。
レミスティックの小顔矯正は「痛くなく、確実に小顔にする小顔矯正」だと評判が高いのですが、それはなぜなのでしょうか?痛くない小顔矯正と言うのは、いったいどの様な小顔矯正なのでしょう?

その前に、痛い小顔矯正が危険だというお話をしましょう。
小顔矯正が痛いと感じる理由には、痛いと感じる力が加わっているか、痛点が敏感な部位に施術を行っているかの二つです。(施術部位に傷病があれば別です)

第一原則は、顔(エラ、頬骨、額)に強い力を加えてはいけません。
そもそも、歪みの無い状態の均整の取れた頭蓋などほとんど無いのですから、歪んでいるところへ強い力を加えれば、更に歪むと考えられるからです。
また、施術者の右手と左手の力加減は数値で計測しない限り、均等に力が加わっていないと考えるべきで、強い力を加えての施術は歪みの原因になります。
また、顔の歪みと言うのは頭蓋全体の歪みから生じていると考えるべきで、顔の部位だけの施術では不十分ですし、頭蓋骨の各部の骨のひとつ、ひとつの大きさ、面積という観点から、額、頭頂部、側頭部、後頭骨といった、顔に対して頭の部分の方が歪みの原因となっていると考えた方が理論的ですし、力学的にも合理的です。

レミスティック東京の小顔矯正が、瞬時に小顔変化があって、痛くなく、
小顔効果が元には戻らない可能性が高いのはナゼなのでしょうか。

端的な理由は、強い力を加えずに、しかも頭部に対しての施術がメインだからです。

ここで問題になるのは、頭蓋骨が動くか動かないかということですが、他の記事でも書いているかもしれませんが、医師は動かないと主張していますし、それを受けて消費者庁も頭蓋骨は動かないという見解ですが、頭蓋骨は動かないというデータの存在は定かにされていません。
話によれば、医学生の研修で解剖した頭蓋骨を押して、頭蓋骨は動かないということを勉強するそうですが、確かに頭蓋骨は押しても動きません。
ところが他の方法で矯正が可能かどうかの検証はされない状況です。
医学的には矯正を行う必要性が無いため、矯正の分野の研究がされていないという現状があります。

レミスティック東京の審美小顔矯正は、体験型小顔矯正です。
体験施術において、どの部位を、どの様に矯正したら、結果、どうなったか。
それは、医学的な証明がなくてもお客様が納得していただければ良い事です。
レミスティック東京には医師免許を持ったお客様もご来店されています。

医師免許を持ったお客様が、レミスティック東京の審美小顔矯正を受けて、その変化を実感して通って下さっているということは、何かしら認められるべきものがあってのことだと述べるにとどめておきます。

レミスティックの小顔矯正は、その理論から、「顔にはほとんど触れずに顔の矯正ができる」と断言できますし、体験実証も可能です。


木下優樹菜さんはじめ芸能人の方も驚く「痛くない小顔矯正施術」と「小顔効果」を
レミスティック東京の小顔矯正のカウンセリングと体験施術で受けてみて
感じてみて、納得してみて下さい。

ところで・・・

「小顔矯正」でヤフー検索してみると、美容整形外科の記事がアップされています。

超有名な高須クリニック様のサイトの記事です。
一部転用させていただきますが、

『よく患者様から、「小顔矯正って本当に効果あるんですか?」と御質問いただきます。

現在、日本国内にはたくさんの小顔矯正を行っている施設があります。
まず、皆さんに理解していただきたいのは、小顔矯正を行っているのは医師ではありません。
医師は正しい医学の知識を身に付けているため、小顔矯正は行いません。』

という一文がありますが、逆をかえすと私たち整体などの民間資格者は正しい医学知識が無いから小顔矯正を行っているというようにも解釈ができます。(そういう意味ではないかもしれませんが)

医師は確かに難しい医学知識を身につけて国家資格も有していらっしゃいます。
しかし、医学知識と国家資格を有していることと、矯正をするかしないかは直接の関係性は無いと思います。
ちなみに私は催眠療法師の資格も取得しました。これも民間資格になります。
そして、民間資格であっても医師の免許を有している先生で催眠療法を行っている先生もいらっしゃいます。

この先生は西洋医学、東洋医学のどちらでも解決できない部分に催眠療法が応用できれば、
患者様に有益だと考えていらっしゃいます。
私が学んでいた時に、医師の免許を有していながら催眠療法を学びに来ていた先生もいらっしゃいましたが、
その時に参加していた先生の一人は「催眠療法が効果的でないとは否定しないし、有効な部分もあるかもしれないが、採算に合わないから導入は難しい」とおっしゃっていました。
要するに催眠療法は保険適用にならないから、同じ時間を掛けるのであれば保険診療をしているほうが採算性が良いという意味であって、この先生の判断の基準が患者に有益かどうかの観点からは外れているように感じました。
同様に小顔矯正に有益性が認められて、身体にメスを入れず、薬も使わずに、ローリスクだとした場合、美容に携わる医師の皆さんは小顔矯正を導入するかといえば、それは疑問です。
高額な医療機器の返済や病院の広さに応じた家賃、光熱費、人件費を捻出するためには、同じ1時間を費やした場合に得られる収入が低い方を選ぶのはかなりなリスクになります。

傷病の手当ての必要以外に、メスを入れる以上、抗生物質や鎮痛剤などの薬物も使う必要を考えれば、命に別状の無い美容目的で身体にメスを入れることは避けるべだ・・・と考える医師が居たとしたら、美容整形外科の道を選ばないか、まったく採算に合わなず、国家資格も有効活用しない小顔矯正などの道に入るのではないでしょうか・

いえ、美容整形外科を経営されている先生方は、悩める人を救うという信念の元に仕事をされているでしょうし、美容整形の道を選ばれて仕事をされていることを悪く言っているのではありません。
ただ、小顔矯正をしているような人たちは医学の知識も無く、医師の資格もないから、小顔矯正の施術をしているのだという決め付けたような発信に対して、それぞれに思いがあってのことなので、認め合ったら良いのではないかと思うのです。
もっと医学界の先生方に望むのは、採算を度外視して、患者さんのためにより良い方法を提案できるように、いろいろな道の人と交流を持ってコラボされるような働きかけを多方面に持って頂けたらと思うのです。

『小顔矯正を行っている人のほとんどは、何も国家資格を持たない人です。小顔矯正を行っている人に、「整体師」と名乗っている人が多いですが、「整体師」という国家資格はありません。よく整体師と混同される職業に、理学療法士、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師などがありますが、これらは全て国家資格です。

通信教育や民間の整体教室などが認定する整体師の資格というものは色々ありますが、極端な話、「私は整体師です」と自分で名乗ってしまえば、いつでも誰でも整体師になれてしまうのです。

ただし、本来の「整体」というのは、徒手的に体に外力を加えることにより、頭痛、肩凝り、腰痛、自律神経失調症などの治療を行うもので、それらの効果についてはある程度医学的に証明されています。実際に整体に通って、「肩凝りや腰痛が治った」「体が軽くなって楽になった」という人はたくさんいるので、正しい整体治療を行うことは体にとって悪いことではなく、良いこともあると思います。』

確かに整体師だと名乗れば誰でも整体師になれます。
これは整体師に限らず、お医者さんの中にも議員さんの中にも学校の先生の中にも、資格があるだけでなっている人、「聖職」という言葉を汚してしまうような人もいますよね?
この点は、正しいということより真面目さや精神性にもよるのだと思います。

さて、この記事の中では解剖学的な点にも触れていらっしゃっておられます。
(以下、記事を全文転用)


『小顔矯正を行っている施設のWebサイトや広告を見ると、よくこのように書かれています。
「人間の頭蓋骨や顔面骨はたくさんの小さい板状の薄い骨が合わさってできています。その板状の骨と骨の繋ぎ目は縫合線と呼ばれており、縫合線にはわずかな隙間があります。加齢と共に縫合線は開いてきて、顔が大きくなってきたり、歪んできたりします。小顔矯正は外側から骨に圧力を加えることにより、縫合線の隙間を埋めて、顔や頭を小さくしたり、歪みを矯正するものです。」

まず、「人間の頭蓋骨や顔面骨はたくさんの小さい板状の薄い骨が合わさってできています。その板状の骨と骨の繋ぎ目は縫合線と呼ばれており、」ここまでは正しいです。しかし、その後の、「縫合線にはわずかな隙間があります。加齢と共に縫合線は開いてきて、顔が大きくなってきたり、歪んできたりします。」これは真っ赤な嘘です。確かに生まれたばかりの赤ん坊は、部分的に縫合線に隙間がありますが、すぐに骨の成長と共に閉鎖してしまいます。一番大きな隙間は、頭頂部(頭のてっぺん)にある大泉門という隙間ですが、通常生後18ヶ月くらいで完全に閉鎖してしまいます。ましてや、大人の頭蓋骨、顔面骨の縫合線は完全に閉鎖しているのは当たり前のことで、隙間なんてものはありません。』

ここまでは、私もほぼ同意見です。
「ほぼ」というのは、私は胎児から成人までのどの段階の頭蓋骨も、生体の頭蓋骨を見たことが無いからです。
しかし、経験上と推論を交えてになりますが、決して頭蓋骨は頭蓋骨模型のようにまったく柔軟性の無いものではありませんし、ビクとも動かないものでもありません。
もしも、ビクとも動かない硬化プラスティックのような状態でしたら強い衝撃を吸収することが出来ず、割れるとか骨折するとかしかないということになってしまうのではないでしょうか?
頭蓋骨矯正が可能なのか不可能なのかという問題は、それを可能だという側も不可能だという側も、共同で調査したり試験をしたりしなければ正確な結果は出ないだろうと考えています。
小顔矯正が骨格的に可能かどうか、不可能かどうかは、かなり緻密な計測が必要です。
技術面でも小顔矯正の前後の状態をコンマ何ミリという精度で、何名もの被験者を計測する必要が出てくるでしょう。
美容整形や形成外科のお医者さんにとって、小顔矯正や頭蓋矯正の真偽のために、このような費用も時間も手間も掛かるデータ取得調査が必要かといえば、まったく必要がありません。
なので、おそらくこの先、ほぼ永久に小顔矯正や頭蓋矯正の真偽は調査されることは無いと思います。

高須クリニック様の記事はさらに以下のように続くので転載させて戴きます。

『小顔矯正と同じようなものに、小顔マッサージというものがあります。顔全体を優しくマッサージして、リンパの流れをよくし、浮腫みをとることにより小顔にするというものです。この方法を行えば、実際に一時的に小顔にすることができます。人間の体の約60%は水分でできているため、顔の余分な水分を除去するようにマッサージすれば、一時的に小顔にすることができます。

誰でも、朝起きたときは顔が浮腫んでやや大きくなって、まぶたが腫れぼったいです。それは寝てるときは心臓と顔が同じ高さにあるため、顔に水分が貯まるからです。起きて活動していると、夕方くらいには顔の浮腫みはほとんどとれて、小さくすっきりとした顔になり、まぶたの腫れぼったさもとれます。それは顔の水分が重力で下に移動したためです。

ふくらはぎにはそれと逆の現象が起こります。朝起きたときはふくらはぎはあまり浮腫んでいませんが、立ち仕事をしていると、重力で水分が下に移動し、夕方にはふくらはぎは浮腫んで太くなります。

そのため、正しい小顔マッサージをして、顔の余分な水分を移動させれば、顔の浮腫みをとり、小顔にすることはできます。最近流行っているコロコロの付いたローラーでマッサージするのも同じ類いのものです。

ただし、小顔マッサージは、あくまで顔の水分を一時的に移動させているだけなので、先ほど説明した、夕方になると顔の浮腫みが引いたり、ふくらはぎはが浮腫んで太くなるのと同じで、12時間くらいで大部分が元に戻ってしまいます。そのため、小顔マッサージで小顔を維持するためには、毎日やり続ける必要があります。

最近は、小顔矯正と小顔マッサージをミックスして行っている施設が多いです。ときどき、「小顔矯正で本当に小顔になった」という人がいますが、それは小顔矯正ではなく、マッサージによって一時的に小顔になった可能性が高いです。

また、「当院の小顔矯正は即効性があるので、1回行うだけで効果が実感できます。」と謳っているところは、小顔矯正ではなく、小顔マッサージによって一時的に小顔にしているだけの可能性があります。』

この中の小顔矯正の効果、即効性、持続性については、レミスティック東京においては「それはありません」と言わせて頂きたいと思います。

まず、レミスティック東京では「小顔マッサージ」は行っておりません。
そして即効性についても、最速で1秒、2秒で効果を実感して頂く事も可能です※
※実感には個人差があります
そしてその1秒、2秒の矯正が1週間、1ヶ月と元に戻らないとお客様がおっしゃいます。
それは何故なのか、神がかり的で、この私にしか出来ず、再現性の無い(つまり超能力のような科学的でない)ものなのかもしれません。
ただ、この瞬間施術をマニュアル化してスクールにする活動が少しずつですが始まっています。
平成30年1月からレミスティックにも初の2号店「レミスティック浜松(静岡県浜松市)」に誕生しますが、そのレミスティック浜松において小顔矯正スクールを開催する予定で準備を進めています。
詳細についてはまたホームページ上でも告知させて頂きますのでご期待下さい!!


レミスティック 院長

レミスティック 院長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

レミスティック 院長は、こんな記事も書いています。

  • 顔の歪みを矯正する レミスティック東京の矯正はココが違う

    顔の歪みを矯正する レミスティック東京の矯正はココが違う

  • 顎を矯正するとは

    顎を矯正するとは

  • 芸能人ご来店履歴 木下優樹菜さん

    芸能人ご来店履歴 木下優樹菜さん

  • 小顔矯正 メニューの詳しい説明と選び方

    小顔矯正 メニューの詳しい説明と選び方

  • 片頭痛とレミスティック東京の偏頭痛矯正について

    片頭痛とレミスティック東京の偏頭痛矯正について

  • 元女子プロレスラー大向美智子様が半年ぶりのご来店!

    元女子プロレスラー大向美智子様が半年ぶりのご来店!


美容院専用ホームページサービス