小顔矯正サロン/レミスティック東京>小顔矯正>小顔矯正としての頬骨矯正とはいかなるものか

小顔矯正としての頬骨矯正とはいかなるものか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
小顔矯正としての頬骨矯正とはいかなるものか


こんにちは。

小顔矯正サロンレミスティック東京院長の安井です。


小顔矯正の中でも人気のあると言いましょうか、お客様のお悩みや、矯正の多い頬骨矯正についてです。

頬骨が張っていると、どうしても顔の横幅が長く見えてしまったり、顔の凹凸が大きくゴツゴツしているように見えるため、男っぽい強い印象を相手に与えてしまいます。

私達日本人は、アジア系ですので
特に頬骨が目立ってしまう民族なのです。

では、そんな頬骨を目立たせなくさせるためにはどのような手段や矯正方法があるのか今回は詳しくご説明していくことにしましょう。



①頬骨とはどの部分を指すのか



ほほ骨とは、正式には頬骨(=きょうこつ)と呼ばれ、一般的には鼻の横、目の下の部分全体を指して、あたかも一つの骨のように思われがちですが、実は、上顎骨(=じょうがくこつ)、蝶形骨(=ちょうけいこつ)、側頭骨(=そくとうこつ)、前頭骨(=ぜんとうこつ=ひたいの骨)に支えられています。

後述の「頬骨は押すことで矯正できるのか?」という記事につながりますが、頬骨が出っ張っているからと言って押しただけでは矯正にはなりません。


②頬骨が目立って(高くなって)しまう原因

・先天的な原因

頬骨が突出している原因は、頬骨の厚み、頭部の歪みなどによります。

・後天的な原因

後天的な要因は私の経験上ではとても考えにくいという見解です

俗説の、頬杖、噛み癖、歯ぎしり、あるいは前傾姿勢による筋肉の緊張の影響によるものなどがネット上やメディアに掲載されているのを見かけることがあります。

がしかし先にも説明していますが、頬骨がいくつもの骨につながって支えられていることからも、余程の衝撃を受けるか、頭蓋骨全体の動きが無い限りは、頬骨が高くなったり、低くなったりすることは理論的に考えにくく、メディアで書かれていることも、理論的に書かれているようでいて、細部に渡ってまで理論的には書かれていないのです。

しかも、頬骨が目立つようになる理由として結び付けていても、自然に低くなるケースを挙げていないのは不自然です。

後天的な要因で頬骨が動くのだとすれば、高くもなれば低くもなるはずです。


③訪問したお客様からよく聞く、頬骨に関する悩みや質問される内容

レミスティック東京に小顔矯正目的でご来店のお客様から受ける相談は、頬骨が目立つ、横に張り出しているように見える、目がくぼんで見える、鼻が低く見えるなど、直接小顔にするという目的よりも、具体的な部分として、頬骨に関する相談に多いですが、

頬骨の部分を細かくチェックしてみますと、左右の頬骨で高さや張り出し方に違いがある方がとても多く見受けられます。

また、頬骨は「ほうれい線」を形成する上で関係する骨になりますから、笑った時のほうれい線の筋の深さが左右で異なるなどの相談も、頬骨の相談の一つになります。

頬骨は、小顔矯正の中でも、直接的にも間接的にも顔の印象に意外と影響を及ぼす骨ですので、顔が暗く見える、顔がキツそうに見える、老けて見えるといった、お顔の見た目の印象にもつながります。

④頬骨をセルフ(自分自身)で引っ込めることは可能なのかどうか。

小顔矯正といえば、誰しもが"自分自身で小顔矯正が出来たなら"と思うことでしょう。

ですから、それに比例するように多くのメディアで頬骨セルフマッサージの方法などをレクチャーする情報が発信されています。

ところが残念ながら、頬骨自体をセルフケアするのは難しいと言って良いでしょう。

頬骨周辺の筋肉や脂肪に関しては、セルフケアも可能ですが、根本的な解決にはなりません。

特に20代後半から30代以降は頭蓋骨が後ろに傾くというのが、私の長い経験で感じていることの一つにあって、この年代になると、いろいろな顔の歪みや大きさが気になりだしたり、老けて見えだしたりする方が当店のお客様のご相談には多いので、この年代に顔の変化に気付いた時は、レミスティック東京にご相談下さい。


⑤レミスティック東京での、頬骨に対するアプローチの仕方(矯正の仕方)について

レミスティック東京では、単に小顔矯正というだけでなくお客様一人一人のお顔の特徴から、頬骨の悩みであれば、その悩みの根本を探すことから始めます。

そして、小顔矯正をご相談のお客様、ご希望のお客様には、お客様が納得できるような理論的、現実的な説明でなければならないと考えています。

小顔矯正の施術について、十分な説明が出来たとしても、その説明がある程度は裏付けられる体験施術があれば、お客様の納得や安心につながると思います。

レミスティック東京では、単なる小顔矯正でなく、部分部分を細かく矯正していく上での体験施術をご用意しております。

カウンセリングと体験施術を通して、長く通わなければ結果が見えてこない・・・というような小顔矯正ではないという体験もしていただけるはずです。

逆に体験施術で、思うような結果が出ない場合は、長い時間をかけても明確な結果が出ない可能性もあるということになります。

「頬骨は押すことで矯正できるのか?」

では、「頬骨は押すことで矯正できるのか?」という事を考えてみましょう。

「小顔矯正」などで検索して出てきたお店の写真で「顔を押さえている」「顔を押している」ような画像を見かけることがあると思います。

頬骨やエラの矯正をイメージした時に、「出ている部分を押せば低くなって、頬骨やエラの張りがスッキリする」というイメージを持ちやすいのではないでしょうか?

ところが、レミスティック東京のブログ内「エラ矯正」の部分でも触れていますが、エラや頬骨は空中に浮いた単独の骨ではありません。頬骨はエラよりも複雑に複数の骨との結合がありますので、頬骨だけを押したところで動くものではありません。

まして、「頬骨が出ている」原因を少しも推測もせず、やみくもに押しても痛いだけで、頬骨が低くなった変化は一時的なものに過ぎません。

では、こうしたら頬骨が低くなる、といったマニュアルやセオリーのようなものが存在するかと言ったら、答えは「ノー」です。

可能性としてはゼロではありませんし、レミスティック東京のこれまでの実績や経験からは、個々のお客様によって、という前提条件が付きますが、改善例も少なからずあります。

ですが、施術としては難易度の高い施術であって、お客様によって個人差が多い施術になりますので、ここで詳細な矯正方法や矯正による結果については述べることは控えたいと思います。


レミスティック 院長

レミスティック 院長

Written by:

こんにちは。

レミスティック東京院長の安井です。

エラ張り、面長、お顔の歪みなどなど、お顔の悩みを年間500件以上解決しています。

お気軽にご連絡下さいね!

tel : 0120-457-689

 

ご予約は下記URLからもできます。

https://coubic.com/remystique-tokyo/236697/express

 

レミスティック東京には、一般の方も数多く通われていますが、芸能人の方も多数通って下さっています!

↓↓↓下のブログをチェックしてみて下さい↓↓↓

 

木下優樹菜さんこと、ユッキーナさんもご来店

吉木りささんもご来店

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

レミスティック 院長は、こんな記事も書いています。

  • ユッキーナさんがヘアメイクのこばさんとご来店

    ユッキーナさんがヘアメイクのこばさんとご来店

  • 美人声優の伊瀬茉莉也さんがご来店

    美人声優の伊瀬茉莉也さんがご来店

  • 小顔矯正を受ける前に知っておきたい5つのことと良くある質問

    小顔矯正を受ける前に知っておきたい5つのことと良くある質問

  • 【面長小顔矯正】面長な人の特徴とそれに対する施術方法とは

    【面長小顔矯正】面長な人の特徴とそれに対する施術方法とは

  • 小顔矯正って効果があるのか?審美小顔矯正の真実

    小顔矯正って効果があるのか?審美小顔矯正の真実

  • 小顔矯正としての頬骨矯正とはいかなるものか

    小顔矯正としての頬骨矯正とはいかなるものか

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス